審査しよう

job offers

障害者の方が一般の企業に勤めようとする場合

行政も障害を持っている方を採用した際には補助金を出すなどして障害者の方の採用を後押ししていますが、やはり企業側は長期的な目で採用を考慮する為に多くの方は容易に就職できないのが現状のようです。 どうしても健常者の方と比べたら不利になってしまうので選択の幅が狭まってしまいます、ですが中には健常者の方と同じ給料で採用してくれる良心的な企業経営者も存在するので、諦めずに入念に調べることが光明を見出す鍵になることは間違いないと言えます。 勿論、一生を左右することなので給料面だけでなく、待遇や自分に合うかどうかもしっかりと精査することが肝心です。

企業に就職する以外にも道はあるかもしれません

障害を持っている方が一般企業に就職した場合は、同期の健常者の方よりも給料は少なく基本給が10万円をどうにか超える程度という方も珍しくはありません。 障害者の方が一般企業に就職した場合でも格差は常に意識することになる可能性を孕んでいるので、それをどうしても回避したい場合は新たな道を探す必要があります。 近年は半身不随の障害者の方でも自分で企業を立ち上げる例があります。 例えばインターネットを利用した企業向けのホームページの制作会社などで、現在は昔と違って簡単に個人で会社を設立することができるし、ネットを利用して技術を提供する企業なら初期投資も僅かな額で済みます。 例に挙げた障害者の方は今では自分の給与だけで月に二十数万円の収入を得ており、同じ障害を持った方を3人ほど雇い協力して業務を行っているそうです。